おススメの100冊
1ヶ月後にはほったらかしで月20万円を生み出す資産を持ったことになります。これにはホント驚きです。

SEOのポイントはキーワード

キーワードの選び方

超激戦キーワードは、出来るだけ避けるようにした方が無難でしょう。
*超激戦ワードとは、検索結果が数千〜数億あるワードのことを指します。

例としては、ダイエット、情報商材、アフィリエイトなどは、競争率の高い
キーワード(超激戦キーワード)ですよね。
こういったキーワードでサイトを立ち上げても上位表示されることは
難しいでしょう。

でも、どうしても・・・という方は、キーワードアドバイスツールなどで、
スモールワード(複合キーワード)を、組み合わせたりして、タイトルや
記事タイトルを決めてください。
もちろん、激戦でなくとも、1つのキーワードだけでなく、組み合わせて
決めてくださいね。

それはなぜか・・・?


なにかを調べようと思ったとき1語で検索をするでしょうか?

例えば、アフィリエイトについて調べようと思ったとき実際キーワード
アドバイスツールの 「アフィリエイト」の検索結果は2位で「ブログ」+
「アフィリエイト」となっていると思います。
実際検索エンジンを利用する人は1語で調べることは、ほとんどないの
です。

ですから、検索語とサイトに設定するキーワードは2語程度で設定する
必要があります。そうする事で、より上位表示を狙うことができるように
なるのです。

記事もそうです。

ただ注意したいのは、キーワードも適度に、です。
不自然にキーワードを並べたり、その出現回数があまりに多い場合は、
スパム行為(反則行為)として認識され、ランクから除外され上位表示され
ないどころか、検索エンジンそのものに表示されなくなってしまいます。

キーワードは、記事のなかで自然に登場する限り有効なのです。

「出現頻度が3〜6%であれば検索エンジンは評価する」

しかし記事を書いてキーワードが何%登場しているかなんてことは、
目測や地道に数えるのはほぼ不可能です。そこでご紹介したいのが、

「キーワード出現頻度解析」(旧SEO ツール)

もちろん無料なので「キーワード出現頻度解析」(旧SEO ツール)で
一度試してみましょう。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32692880
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。